Jeepers Creepers

眠れない夜を、語り明かせるシェアハウス

後藤新

母親の夢を見た

‪こんな夢を見た。 留学斡旋団体から、なぜか僕に図書館に本を返すようにという電話が延々とかかってくる。その本は経済に関する本と囲碁に関する本で、縁を切ったはずの母親の家にあるようだ。私は現状を説明し、すぐには返せない事を説明するのだが、回線…

回想〜初夏 pm0:23

昼時の電車で目の前に座っていた女は、手が荒れていた。20代半ばくらいかというおかっぱ頭の女だ。マスクをしているのでわからないが、前髪からは切れ長の目がのぞいている。あまり美人だとは思えない。はっきり言って美人ではない。女は紺の膝下くらいのス…

ネットを捨てよ、街に出よう〜フェミとオタク

どうも。 すげー香ばしいこと言いますが、あくまで個人的見解です。 昨今、女体を性欲の対象として消費するコンテンツに対する風当たりが強い。 主にフェミニズムを勘違いした人たちなのだが、これがまあ強い。 もちろん僕らが大好きなアニメに対しても、殴…

ドブネズミと誹謗中傷〜童貞の僕は”はあちゅうさん”にも優しくしようって決めた

僕はブルーハーツが好きだ。 って言っても熱狂的なファンではない。にわかレベルの好きだ。 ドブネズミみたいに美しくなりたい 写真には映らない美しさがあるから ーーーTHE BLUE HEARTS「リンダ リンダ」 僕はどぶ鼠だ。だけど、ヒロトの言うようなドブネズ…

結婚をめでたいと思えない私はどうすればいいか

どうも。 先日、やかん会議というチャットルームで悩み相談をしてきました。 内容が濃かったので記事にします。 ゴトウアラタさんのお悩み なぜ結婚がめでたいものと思えないのか 社会通念として形骸化した結婚 共通の概念に対して疑問を持つことの苦しさ 結…

アニメ「エヴァンゲリオン」ED考察

どうも。 最近タロットを勉強中のアラタです。 タロットってすごいんですよ。(小学生並の感想 一枚一枚の図柄に、いろんなモチーフが散りばめられて、複合的なイメージになってるんです。 今日はそのタロットのモチーフを使ったであろうアニメの演出を発見…

モテるためにどうすればいいか〜諸子百家から見るモテ論「モテる老子、モテない孔子」〜

どうも、アラタです。 今回は僕の常用ドラッグである老子の思想を紹介がてら、モテについて考察したいと思います 孔子と老子が生きた時代 孔子、老子、荘子 孔子 老子 荘子 孔子の思想 仁を重んじる 家族や主君を大切に 功徳 統治者のための思想として 老子…

禁止する事の貧しさっていうはなし

一様に禁止することの貧しさっていうお話。

日誌8、或いは、電車で酔っ払いに席を譲らなかったはなし

先日の話だ。 仕事終わり、終電近くの電車で、ケータイを弄りながら座っていた。電車内の陰鬱さは、新型ウイルスの影響か、マスクをみんながしているせいで、いつもよりジメジメしたように感じた。 俺の座る席の目の前で、綺麗なお姉さんがぐでんぐでんに酔…

欅坂46 平手友梨奈脱退のはなし〜少女は神になるか

どうも、ゴトウ です。 相変わらず色々やってます。 私はハロプロ、そしてアイドルという概念が大好きだ。ギャグ100回分愛してる というわけで今回は、話題になってる欅坂46のメンバー脱退について、心の叫びを記事にしてみた ※以下に書く内容は、8割がキモ…

篠原哲雄っちゅう男がいて

どうも、ごとーです。 「月とキャベツ」「花戦さ」公開中の「影踏み」などの監督、篠原哲雄監督について 時事的に影踏みの感想なんぞを書くのが筋なんですが、自分が関わってしまった手前、大して面白いことかけなさそうなので、篠原さんについてはなします…

【リビングルーム】コミュ障って何だろう〜コミュ障と狂人とブログ

どうも。ゴトウです。 先日ここの住人とだべってた内容が面白かったので記事にします。 登場人物 コミュ障って何だろう? コミュ障と狂人 狂人とコミュ力とブログ Jeepers Creepersの住民用掲示板より 登場人物 田邊裕貴(以下田邊) このブログの大家。実はコ…

哀れみの品格〜可哀想っていうな!

お久しぶりです ゴトーです。 まずはこの記事を 「頑張れ」と似てて、つい言ってしまいがちな言葉。 「可哀想」っていう言葉、軽々しく使ってないだろうか? 可哀想という言葉 可哀想と頑張れは似ている 周囲の言葉は強い影響を与える 応援も、哀れみも、す…

日誌8、芸人の謹慎の是非と、少し正義の話をする【吉本闇営業】

どーも 突然だけど、私は形骸化したルールというものが大嫌いだ そんなもん押し付けてるやつも、律儀に守ってるやつも大嫌い 僕は与えられたものになにも疑問を抱かない人間は人間としての尊厳を失ってるって思う だから誰かが悪いことをした時は、必ずそれ…

回想、ミュージカル見て墓参りをした

ミュージカルを見た。 ひめゆり学徒隊の話だった。壮絶な沖縄戦を描いていた。僕は結構前のブログでも書いたが、基本的には雑な構成のお涙頂戴な戦争モノは好かない。でも、この作品はとても心に刺さった。何故なら、戦争の狂気を描いているからだ。 ぼくた…

回想、奇妙な店。吾輩は猫ではない

吾輩は猫ではない K駅近くの繁華街 人の香りが混ざったような ネオンの明かりが歌い出す カルキが残る水を泳ぐ 魚群を照らす昭和歌謡 × × × 仕事終わり、友人と待ち合わせをして、軽く飲もうということになった。K駅前の富士そば前。あの子のラインに既読が…

ダダのはなし 〜 イビツにヒズむダダイズム 〜

どうも、はじめまして! ダダイストのパンクロールミュージック雨と申します。 この度このブログに参加させてもらう事に… 茶番はいいや。タグで名前出てるし ダダ関連の活動や、情報を発信する時は本当に パンクロールミュージック雨 という名義でやろうかと…

幸福とは何か〜相対性幸福論

どうも、ゴトウです。 職を得ましたが家がないです。 2ヶ月くらいホームレスやらなきゃです。 頑張ります(?) それは置いといて 友人からラインが来まして、 色々うまくいっててめっちゃ幸せじゃんって人から言われて違和感を覚えた 確かに幸せなのかもしれ…

あの頃のインターネットが好きだった君に

あの頃の君たちに どうも無職です。 無職じゃなくなりました。 それは置いといて、皆さん、こいつの事知ってますか? そうです。うちの大家です。 この度ニコ生に進出します! って事でいつも通り昔のインターネット懐古記事を書きつつ、巧妙なダイレクトマ…

日誌5、或いは、中也とビクーニャのはなし

どうも 最近詩歌にリソースをつぎ込んでいる 先日言ってたアルパカの詩を書いた ぶっ倒れそう それに伴って、ビクーニャについて調べる アルパカの原種で、アルパカより可愛い(個人的見解 アルパカは家畜として品種改良された動物で、毛皮がより良質らしい …

日誌3、或いは、ボードゲームの話

どうも 体調がぐちゃぐちゃになってしまい、今日の予定全部キャンセルします。アラタです。 お腹ぶっ壊しまして、トイレから出れません。 それでも日誌と詩は書ける 昨日は目立ったインプットもアウトプットも特になし。特に深い思索もせなんだが、 詩はいつ…

日誌2、或いは、詩とフィルターのはなし

どうも。 生きてます。 フェミの記事でリソース使い果たしてました。 そしていつが朝でいつが夜なのかいまいちわからない生活をしているせいで、 あ、もう1日さぼってるじゃん みたいになった。 てことで、ここ数日の話でもしよう。 まず、よくわからん記事…

フェミについて考えたら世界が滅んだはなし

どうも、無職です。 一応就活してます。 早朝の新宿のマックで思索しています。 自分の思索をぶっぱしてるだけなんで、 あ、無職がなんか言ってるわ くらいのノリで読んでいただけると幸い。 閲覧注意!!! 自らの主張を含め、全ての思想を平等に小馬鹿にす…

日誌1、或いは、苺について考えたはなし

どうもアラタです。 ラジオ聞いてもらった人と、大家の記事読んだ人はお分かりと思いますが、今日から日誌書きます。 といっても、ラジオで話した通り、なんもしてないんだよなあって事で、思考の整理をしていこうと思う。 1日の出来事 インプットは青、アウ…

考え続けるということ

どうも、アラタです 田邊さんの記事を受けて、ざっくり私見を述べようかと思います。 私は理屈人間であり、理性至上主義者です。 わかりやすく言い換えるなら、考え続けてなければ生きていられない病気です。 考えるという事は劇薬です。毒にもなります。 生…

南北線ユーザー

飯田橋 市ヶ谷四ツ谷 永田町 (了)

トーキョー育ちの憂鬱

都会の人は、せかせかしていて嫌だ。 都会は人が冷たい。田舎はもっと人と人とが関わりあうんだ。 都会には自然がない。人工物が多すぎて閉塞的だ。 そんなようなことを言う人がいる。 僕はその都会で育った人間だ。 僕は精神的に滅入ってしまうことが多い。…

書評リレー~よだかの星

どうも、新です。 公開完全に忘れてた記事をいまさら公開します。 www.yuuki167a.com たなべさんのブログ「のぉれ」から。 たしかに人生って旅だよね。 じゃあその到達点って、どこなんだろ。 人によって目指す目的地っていうのは全然違う。 よだかの星 宮沢…

すこし哲学のはなしをしようか

お久しぶりです。新です。 廃人やってました。 文章に触れなさ過ぎているので、リハビリがてら久々に更新します。 ちょっといろいろあって、というか、金、家、家族等色々と失って、とどめを刺すが如く恋人にも愛想をつかされ、気力がなにも湧かなくなり、田…

雑記5~SAKURA観劇のはなしと、時代劇のはなし~

ども、しこたま映画撮ってます。後藤です。 先日、お世話になってる藤元志帆さんご出演の舞台、劇団空感演人さんの「SAKURA」を観劇して来ましたので、その感想記事的なことと、時代劇って物語の構成によっていくつかに分けられるよねって話を書こうと…