Jeepers Creepers

眠れない夜を、語り明かせるシェアハウス

緑色の日

緑色のフリフリ服に身を包み、真っ赤な薔薇が描かれたハンドバックを手にしたその女はあまりに醜かった。腕は太く、寸胴のような体型にピーマンの肉詰めのような脚が付属していた。胸は小さく、出してる肌は尽く汚い。ガマガエルとオランウータンを二重露光…

代行戦争

代理戦争 ある主体A「戦ってね」 ↓ 圧 ↓ ある主体B「えぇ...あぁ...はい...」 vs ある主体C「は、はあ。はい...」 ↑ 圧 ↑ ある主体D「戦ってぇや」 代行戦争 アースガルズ(インターネットのどこか)にて ある主体A「Bくん!!!かわいそう!!!!戦ってあげ…

そんなもんTwitterでやれ

どうも、コミックホ○トミルク濃い目です。 以前のTwitter垢消してそこそこ時間が経った。 新しい垢は作ったが、フォローは一切せず必要な情報だけリスト管理して、いまは完全なるROM専状態。 この状態になってからまだ3ヶ月かそこらだけど、SNSってやっぱ情…

母親の夢を見た

‪こんな夢を見た。 留学斡旋団体から、なぜか僕に図書館に本を返すようにという電話が延々とかかってくる。その本は経済に関する本と囲碁に関する本で、縁を切ったはずの母親の家にあるようだ。私は現状を説明し、すぐには返せない事を説明するのだが、回線…

回想〜初夏 pm0:23

昼時の電車で目の前に座っていた女は、手が荒れていた。20代半ばくらいかというおかっぱ頭の女だ。マスクをしているのでわからないが、前髪からは切れ長の目がのぞいている。あまり美人だとは思えない。はっきり言って美人ではない。女は紺の膝下くらいのス…

ネットを捨てよ、街に出よう〜フェミとオタク

どうも。 すげー香ばしいこと言いますが、あくまで個人的見解です。 昨今、女体を性欲の対象として消費するコンテンツに対する風当たりが強い。 主にフェミニズムを勘違いした人たちなのだが、これがまあ強い。 もちろん僕らが大好きなアニメに対しても、殴…

どうでもいいこと 花

どうも、ムーンライト伝説です。 世界終末時計の針を弄ぶかの如く、世の中荒れに荒れまくっている昨今ですが如何お過ごしでしょうか。 緊急事態宣言は全面解除されましたが、まだまだ予断を許さない状況が続きそうですね。 まぁ僕は自粛しようがしまいが、基…

ドブネズミと誹謗中傷〜童貞の僕は”はあちゅうさん”にも優しくしようって決めた

僕はブルーハーツが好きだ。 って言っても熱狂的なファンではない。にわかレベルの好きだ。 ドブネズミみたいに美しくなりたい 写真には映らない美しさがあるから ーーーTHE BLUE HEARTS「リンダ リンダ」 僕はどぶ鼠だ。だけど、ヒロトの言うようなドブネズ…

結婚をめでたいと思えない私はどうすればいいか

どうも。 先日、やかん会議というチャットルームで悩み相談をしてきました。 内容が濃かったので記事にします。 ゴトウアラタさんのお悩み なぜ結婚がめでたいものと思えないのか 社会通念として形骸化した結婚 共通の概念に対して疑問を持つことの苦しさ 結…

アニメ「エヴァンゲリオン」ED考察

どうも。 最近タロットを勉強中のアラタです。 タロットってすごいんですよ。(小学生並の感想 一枚一枚の図柄に、いろんなモチーフが散りばめられて、複合的なイメージになってるんです。 今日はそのタロットのモチーフを使ったであろうアニメの演出を発見…

負けヒロイン(敗北者)の美学 [どうでもいいこと/番外編]

取り消せよ……!!! ハァ… 今の言葉……!!! ご無沙汰してます。 ムッシュムラムラです。 性癖の話をします。 負けヒロイン この概念に忌避感を覚える方も少なくないでしょう。 特に複数のヒロインが登場するハーレムもの作品などでは高確率で避けては通れない存在…

モテるためにどうすればいいか〜諸子百家から見るモテ論「モテる老子、モテない孔子」〜

どうも、アラタです。 今回は僕の常用ドラッグである老子の思想を紹介がてら、モテについて考察したいと思います 孔子と老子が生きた時代 孔子、老子、荘子 孔子 老子 荘子 孔子の思想 仁を重んじる 家族や主君を大切に 功徳 統治者のための思想として 老子…

どうでもいいこと 水

どうも、むです ということで、「どうでもいいこと編纂」です。 シリーズ化しました。 見出しは遊び。 見たもの聞いたもの読んだもの、それらの感想を吐くだけのまとめです 思うこと、考えること、ぜんぶどうでもいいんですけど、わざわざ“どうでもいいこと”…

どうでもいいこと 月

どうも、むです。 春もいよいよ差し迫るなかいかがお過ごしでしょうか。 僕は絶賛抑うつ状態でヤバいです。 まぁいろいろあって気が滅入ってたので、よしアニメめっちゃ見ようと思ってたら、ちょうど「中二病でも恋がしたい!(1、2期)」の一挙放送をニコニコ…

漫画の話 あっ、ぼっち・ざ・ろっく!2巻発売おめでとうございます

どうも、ムラサ...... むです。 漫画の話書きたいということで書きます。 本題だけ読んでくれ 上二つはどうでもいい 漫画の思い出 今はこんな感じ 本題 漫画の思い出 僕はめちゃくちゃ漫画を読みます。 小学生のころ父親が買っている月刊少年マガジンを読ん…

備忘録/吐き出して気付けば終電

近況Twitterのアカウントを消した。 新しく作ったものはあるが稼働する気は今のところなし。 願望 全てを許して(肯定)もらうか、全てを罰して(否定)もらうか、どちらかしかない。 嗜好 「僕の妻は感情がない(著:杉浦次郎)」一巻をKindleおよび紙媒体で購入。…

オタクになりきれないなにか

どうも にじくろ改めムラサキヒバナ略してむです。 yuuki167a.hatenadiary.com 前回のやつにほんとは入れたかったけど長すぎてやめたやつを書きます。 オタクになりきれないなにか 前書き VTuberとの出会い、画面の向こうに見た世界 画面の向こうの存在から…

禁止する事の貧しさっていうはなし

一様に禁止することの貧しさっていうお話。

日誌8、或いは、電車で酔っ払いに席を譲らなかったはなし

先日の話だ。 仕事終わり、終電近くの電車で、ケータイを弄りながら座っていた。電車内の陰鬱さは、新型ウイルスの影響か、マスクをみんながしているせいで、いつもよりジメジメしたように感じた。 俺の座る席の目の前で、綺麗なお姉さんがぐでんぐでんに酔…

けいおん!/ 喫煙率の高い中学

どうも、ムラサキヒバナことヒバナです。 改名前からそうなんですが、あまりにも更新頻度が低くすぎるのが流石に嫌になってきました。(あととりあえずなんか書きたい) とはいえ義務感に駆られて書くのもかったるいので、いつも頭の中を占領している記憶と思…

欅坂46 平手友梨奈脱退のはなし〜少女は神になるか

どうも、ゴトウ です。 相変わらず色々やってます。 私はハロプロ、そしてアイドルという概念が大好きだ。ギャグ100回分愛してる というわけで今回は、話題になってる欅坂46のメンバー脱退について、心の叫びを記事にしてみた ※以下に書く内容は、8割がキモ…

名前を変えるだけの話

ご無沙汰しております。 にじくろです。 サボっていたら年が明けていました。 芸名を変えます。 シンプルにそれだけを伝える回です。 これからは ムラサキヒバナ(紫火花) に変更いたします と言ってもなんか一口に言うには長いのでてきとーに略します。ヒバ…

篠原哲雄っちゅう男がいて

どうも、ごとーです。 「月とキャベツ」「花戦さ」公開中の「影踏み」などの監督、篠原哲雄監督について 時事的に影踏みの感想なんぞを書くのが筋なんですが、自分が関わってしまった手前、大して面白いことかけなさそうなので、篠原さんについてはなします…

【声豚】昔、声優さんが大好きだったはなし【懐古】

どうも、ゴトーです。 今回は昔話をします。 パチン! 話をしよう あれは今から360 000―― いや、14 000年前だったか… このネタももう誰も知りませんね。 始めます。 僕はアニメの声優さんがとても好きでした。 青春の3分の1くらいはそれに費やしました。 (残…

書評リレー 月曜日の友達

どうも、ご無沙汰しております。 にじくろです 低浮上すぎて毎回誰お前?って気分 突然ですが、名義変更します。 特に大した理由はなく、今の名前に飽きたのと、最近絞りかすのようなセンスで生み出した新しい名前の方に愛着が湧いてきた(この理由は後付け)…

【リビングルーム】コミュ障って何だろう〜コミュ障と狂人とブログ

どうも。ゴトウです。 先日ここの住人とだべってた内容が面白かったので記事にします。 登場人物 コミュ障って何だろう? コミュ障と狂人 狂人とコミュ力とブログ Jeepers Creepersの住民用掲示板より 登場人物 田邊裕貴(以下田邊) このブログの大家。実はコ…

哀れみの品格〜可哀想っていうな!

お久しぶりです ゴトーです。 まずはこの記事を 「頑張れ」と似てて、つい言ってしまいがちな言葉。 「可哀想」っていう言葉、軽々しく使ってないだろうか? 可哀想という言葉 可哀想と頑張れは似ている 周囲の言葉は強い影響を与える 応援も、哀れみも、す…

日誌8、芸人の謹慎の是非と、少し正義の話をする【吉本闇営業】

どーも 突然だけど、私は形骸化したルールというものが大嫌いだ そんなもん押し付けてるやつも、律儀に守ってるやつも大嫌い 僕は与えられたものになにも疑問を抱かない人間は人間としての尊厳を失ってるって思う だから誰かが悪いことをした時は、必ずそれ…

日誌7、或いは、童貞ソムリエと涼宮ハルヒ

お疲れ様です。 ゴトーです。 企画ガン無視でよくわかんねえ記事を上げてたわけですが、久々にこっちの文体で 後輩に童貞ソムリエを名乗る女性がいて、その人が童貞集めて撮ってる自主映画があるのだけど、それに照明部で参加している。 といっても本職じゃ…

回想、ミュージカル見て墓参りをした

ミュージカルを見た。 ひめゆり学徒隊の話だった。壮絶な沖縄戦を描いていた。僕は結構前のブログでも書いたが、基本的には雑な構成のお涙頂戴な戦争モノは好かない。でも、この作品はとても心に刺さった。何故なら、戦争の狂気を描いているからだ。 ぼくた…