Jeepers Creepers

眠れない夜を、語り明かせるシェアハウス

共有スペース「リビングルーム」をご用意しました。

どうも、大家さんの田邊裕貴です。

シェアハウスという事でリビングルームをご用意致しましたので

「リビングルーム」の使い方のお話をさせて頂きます

 

 

共有タグ「リビングルーム」

この仮想シェアハウス『Jeepers Creepers』は部屋を貸すだけのアパートでもマンションでもありません。

シェアハウスなので、

 

リビングルームがあって然るべきなんです。

 

交流の場としてのリビングルーム

団欒の場としてのリビングルーム

 

その存在意義は現実のリビングルームと何も変わりません。

 

こんな使い方が出来そう

他の住人の記事に対しての感想記事を書く

Web上の記事の感想をTwitter等のSNSで書く

という人は多いのではないでしょうか

 

そしてその字数制限に苦しむ事も多いのではないでしょうか

字数制限は、時に有効なスパイスになりますが

多くの場合

書き手に取って書きたい事を網羅できず

読み手に取っても不親切な文章になりがちでストレスとなる事が多いはずです。

 

そこで「リビングルーム」を使って感想記事を書くことで双方、

いや感想記事を書いてもらえる住人にも刺激になるので一度に三者が嬉しい

 

という使い方。

 

注意すべきは「リビングルーム」で公開される記事は「つぶやき」とは違い、ここで公開される記事もひとつのコンテンツであるという事です。

 

企画発表

共同企画のしやすさはこの『Jeepers Creepers』の大きな強みになっていくと考えています。

ではその企画はどこからやって来るのか

 

住人達のLINEグループ?

 

もちろんそれもありですが、敢えて企画構想の段階から「リビングルーム」で公開する事によって、住人だけでなくPeepers(このお家を覗きにいらっしゃる皆様)に反応を貰う事が出来るようになり

 

より多くの人のユーモアが詰まった企画を打ち出せるかも知れません。

そして企画の構想段階も、立派なコンテンツになると考えています。

 

企画の構想段階から、ディスカッション、試作、反省会等

企画の進行過程も「リビングルーム」でコンテンツとして公開します。

 

ナウい言葉で言うとPeepersの皆さんも参加できる「参画型コンテンツ」

 

と言った仮想シェアハウスならではのコンテンツを生み出す

という使い方。

 

注意すべきは

住人だけで無くより多くのPeepersにも反応を頂く事で実現するコンテンツだという事です

 

 

共有テーマの提案

例えば企画の例として「共有テーマ」を提案します。

皆でひとつのテーマについて語るというのは現実のリビングではよくある事です

語りたいテーマがあるならジャンジャン言っちゃおう

住人の皆さんもたまには自分の部屋から飛び出して、普段の自分なら書かないような記事を書いてみるのも経験になると思います。

 

 

大家さんからのお知らせ

私、田邊裕貴は一人の住人として記事を投稿してきますが、

もちろんこの仮想シェアハウスの大家さんも努めているので、たまには大家さんらしい事もしようと思います。

まだ特に決まっていませんが、新しいルール、新しい住人がやって来た時などは活躍する事でしょう。

 

 

住人の皆様へ

「リビングルーム」で記事を公開する際のルール

  • 記事冒頭で軽く誰が書いているのか分かるように自己紹介して下さい
  • 「リビングルーム」タグを付ける際は自分のタグを付ける必要はありません
  • 他の住人が必ず企画に乗ってくれる保証などありません。いい企画なら尚更、乗りたくなる記事を書いて欲しいと思います。
  • 最初から否定するような態度、思想は歓迎しません。芸術も文化も、まずは理解しようという心から始まるものです。

まとめ

もちろん上記以外でも自由な発想で使って欲しいと思います。

ですが、先にも書いたように存在意義は現実のリビングルームと変わりませんから、大切にも使って欲しいと思います。

それはこの「リビングルーム」に限らずこのシェアハウスにも言える事です。

 

 

みんなでやりたい事をやるという事が一体どういう事なのか

 

 

お互いに良い刺激を与えられたらと思います。

それでは大家さんとして、「リビングルーム」でお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

Fin.